自宅に、最近ウォーターサーバーを設置する家庭が増えています。
それは、ウォーターサーバーが便利なこともあるのですが、それに加えて非常に安く利用することができるということです。
ウォーターサーバーなんてきれいな水が出てくるだけでしょ?という風に思っている人もいるかもしれませんがそれは間違いです。
今回は、ウォーターサーバーを正しく認識するためにどんなものなのかということをより詳しく紹介しましょう。

ウォーターサーバーの機能について

まず、一番大事なウォーターサーバーの機能についてを紹介しましょう。
先ほども言った通り、多くの人の認識はやはりウォーターサーバーはおいしい水が出るだけのもの、という感じですね。
しかし、実はそれだけではなく温度を自由に切り替えて水を出すことが出来るというメリットがあります。
ウォーターサーバーの種類にもよるのですが、基本的には冷水と温水の二種類が使えます。
冷水は文字通り、冷蔵庫で冷やしたような飲みごろの冷たい水です。
そして、温水はお茶やコーヒーなどを入れるときに使えるお湯ですね。
これが、スイッチ一つで出すことが出来るのでいつでも適度な温度での水をすぐに出すことが出来るんですね。

水のおいしさが違う

そして、おいしい水が出るというのも浄水器を水道に取り付けるのとはわけが違います。
浄水器をとりつけても、せいぜいカルキやトリハロメタンを取る程度のものですからね。
しかし、ウォーターサーバーの水は徹底的にろ過にろ過を重ね純水に近い状態にしたRO水や天然水を取り扱っており、そのおいしさはミネラルウォーターレベルのものなのです。
ほかにも、ビタミンやミネラルなどを加えたやや甘みのある軟水を使ったり、海洋深層水を使うなどしてまろやかで飲み口のいい水を使っているので、水の味が全然違うんです。

ウォーターサーバーがあることでいらなくなるもの

まず、先ほども言った通りウォーターサーバーがあれば電気ポッド、やかんが不要になります。
電気ポッドは、温度を保つためにはつけっぱなしにしておかなくてはいけないのですが、夏場電気ポッドをつけておくと室温があがるんですね。
さらに、中身がなくなってしまったらいちいち水を入れてからお湯が沸くまで待たなくてはいけません。
しかし、ウォーターサーバーなら水をセットした時点ですぐにお湯に変えて出すことが出来るので煩わしく待たされずに済むわけです。
そして、ピッチャーなど冷蔵庫で水などを入れる時の場所を取るものも不要になります。
何度も言いますが、ウォーターサーバーの水は冷蔵庫で数時間冷やしたものに匹敵するほど冷たいです。
しかも、それを待たずにすぐに飲むことが出来るので冷蔵庫のスペースを空けることが出来ます。

飲みものの買い物が不要になる

家で常に美味しい水を飲むことが出来るようになれば、まずペットボトルの飲料水が不要になります。
水や麦茶のようなものはもちろん、ジュースなどもあまり飲みたくならないくらいにウォーターサーバーの水というのは美味しいんです。
だから、飲み物を買いに行かなくなるんですね。
余計な出費を抑えることが出来るし、更には重たいペットボトルの飲料を買わなくてよくなるので買い物もとても楽になりますね。

ウォーターサーバーはコンパクト

そして、これも機能の一つですが大きさもそれほど邪魔にはなりません。
ウォーターサーバーと聞くと、病院などに置いているものをイメージしがちですが、家庭用のウォーターサーバーはもっとコンパクトなものもあり、それこそ卓上におけるものから地面に設置する細いタイプのものまでさまざまあります。
自宅のスペースなどを考え、自分の家におけるようなものを選べば特に邪魔になってしまうということはまずないでしょうね。

水は常に配達のみ

そして、肝心のウォーターサーバーの水はどうなるかというとこれも契約したウォーターサーバーの販売元が定期的に水を補充してくれるようになります。
追加注文をすることができますが、基本的には定期的に必要な分が送られてくるのでそれに後はらいで料金を支払うという形になることが殆どです。
しかも、こちらは業者側が無料で配達をしてくれる(一部の地域で例外あり)のでわざわざ買いに行ったり取りに行ったりする必要がなく、とても楽ちんなんですね。
ペットボトルに比べても家まで持ってきてくれるし値段も安いとウォーターサーバーはいいとこ炉ばかりなのです。

まとめ

ウォーターサーバーの、以外な便利な使い道というものを使ったことがない人はこれをきっかけにして知ることが出来たのではないでしょうか。
特に、冷水温水が任意のタイミングでいつでも出すことが出来るというのはかなり便利です。
それこそ、冷たい水も熱いお茶、コーヒーを入れるのもいつでも出来るし、何より美味しいという点が何をおいてもやはりウォーターサーバーの便利さの根幹だと言っていいでしょう。気になった方は水素水比較をご覧ください。